2016_06
07
(Tue)12:55

バカだから雨なのに




僕には兄がいます。
アニー(仮)とします。
僕の父と僕の母のハーフです。

小さなころは、近所の下り坂をローラースルーゴーゴーで一緒に爆走したり、
100vのコンセントの切れ端をつかんで感電したりして遊んでいました。
段々畑の肥溜めに転落したこともあります。
おもに、やらかすのは僕です。


週末、アニーとツーリングに出かけました。
集合場所に行くと、アニーの友達のTGさんも付き合ってくれるそうで、林道初心者の僕にも安心です。
08:00の時点で小雨。
10:00には完全に上がって暑くなる勢いの予報です。

ルートの選定とナビゲーションは完全に委ねて、僕はただついていくだけのお気軽ツーリング。


P6050028.jpg
偵察に行くアニー


兄上?わたくしには行き止まりに見えますよ?引き返しましょう。
さすがに倒木には敵いませんよ。と、思うんですがガサガサと道ではない部分を通過してやり過ごします。
なんだかアドベンチャーです。


P6050029.jpg
添乗員お二人の謎の会議


「どうする?いってみる?」
「いけるんじゃない?」
「っていうか、道あっとる?」
と、いうような内容。
どこに連れていかれるんだ。
アドベンチャーからサバイバルに変わりつつある気もする。


P6050030.jpg
山頂の広場


まるで展望はない。が、道のりが初心者の僕にはショック以外の何物でもなく、へんてこりんな爽快感がある。
雨なのに。。。


KLXと250セローの試乗を少しさせてもらって、次なるお山へ。



S__18644995.jpg


晴れてたらとてもいい景色なんですって。


山3つ、峠1つ、謎の広場1つ。



P6050031.jpg
バシャー


P6050032.jpg
はしゃぐ



14:00。帰って泥のように眠った。
40を超えて厄介なブラザーズが再結成した。そう思っている次第です。

家に着く直前まで、雨が止むことはありませんでした。
スポンサーサイト
2016_06
21
(Tue)13:19

ボク、飛行機にのったよ

自転車に乗れば、山に行き
息子とどこかに!といえば、山に行き
バイクに乗れば、山に行き

とにかく緑が好きなのかもしれないな。と、思う今日この頃。
リュックの中には、簡易トイレ、ロープ、カラビナ、スコップ、折り畳みノコギリ、雨具などが入っています。
コンロと水も忘れずに。カップヌードルがうまいのです。
まわりがカレー味食べたりすると
「やっぱしワシもカレーにすりゃーえかった」
ってのは、外飯あるあるです。
汁は全部飲んでね。捨てたらだめだぞ!!

でも、やっぱり藪漕ぎは”切り傷”や”かぶれ”がどうしても付きまとうので、できたら回避したいです。

しかし。。。藪漕ぎ不可避って道。ロマンが詰まっているんですなぁ。これが。






週末、飛行機に乗って娘に会ってきました。




ふわっと


2016-06-18_063058030_94C92_iOS.jpg


2016-06-19_121247690_832C8_iOS.jpg


4月に大学生になったので、離れてまだフタツキ経ってないんですが、会いに行きました。
元気そうだったので安心しました。

妻も、パンパンになるほどの物資をキャリーケースに無理やり詰め込んでいました。
現地で買えばいいのに、と、いう思いは口にしないルール。


またくる。元気にやってくれ。と、不器用な父親を演出。






出発前夜。荷物の準備。

キャリーケースの中身。
重さや大きさの制限があって、重さがあるから本のようなものはこちらに移して。
これはかさばるから、リュックでもっていこう。
などの調整。
チケットや充電器などの忘れ物がないように、点検。
あ!寒いかもしれないから、上着も持って行っておこうね。などと、準備段階で楽しい。


そして出発当日
空港での出来事。

キャリーケース、ボストンバックは機内に持ち込まずに預ける。
時間までコーヒーを飲んで過ごす。
ちょっと早めに来たから、余裕がある。

そろそろ時間だねー、なんつって搭乗口に行く。
手荷物検査場でポケットの中の物やリュックを検査してもらい、自身はゲートをくぐった。

検査の係り員が、真顔で


「中身を出してもらっていいですか?」

??

「カバンの中身を確認させてください」

??

「刃物のようなものをお持ちではないですか?」

いえ。。。。

「ノコギリ。お持ちではありませんか?」



!!!!!!!!


あっ。持ってるわ。ノコギリ。



2016-06-20_053457466_4117A_iOS.jpg


ライターとかわかるけど、モバイルバッテリーもダメとか、結構厳しいなー。
なんて思っていたんだけれど、そもそも
「ど真ん中の刃物(刃渡り27cm)」
を、持ち込もうとしてしまった。


藪漕ガーのみなさん。
機内へのノコギリの持ち込みは法律で禁止されています。

「何故こんなものを持っているのか?」

この質問に答えるのは、意外と難しいぞ!!!
速攻テンパる