2016_02
20
(Sat)13:56

ある問題の解決策


_21155686.jpg


コルベットのスロットルをもてあそびながら、東に向かっていた
路肩にフォードが立ち往生しているのがチラと見えて、うしろに吹っ飛んでいく
瞬間、尻を振りながらフルブレーキした
いま、かわいこちゃんがこまってたんじゃねぇか?
猛烈にバックしてドア越しに顔をのぞけると、ばかそうなアベックがブロンコのボンネットで目玉焼き作ってやがる
楽しい時間を邪魔すんじゃねぇよとこちらを一瞥する

Dレンジにシフトをたたき込み、フルスロットルでその場から立ち去る
砂煙がウインドウからのぞくほどホイルスピン
おとこの罵声が聞こえてくるのがゆかいで、ご機嫌だ!
グッドリッチの溶けた匂いが漂うころには、メーターは120マイルを指していた
スケベ心でとまった自分を、バカだなとひとりごちる
ステレオのボリウムを最大にして、赤く小さなコルベットとごきげんな旅はまだまだつづく!


えっと。なんですか?
誰ですか?
すみませんでした。
もうしません許してください。

今日雨じゃないですか。
桟橋通りのセブンイレブンで弁当を買って、駐車場からでるときにいつもより余計にアクセルを踏んだら、ちゅるっと後輪が滑ったのです。そのまま床まで踏んだところで所詮軽トラ。。。
このような妄想劇がふとよぎったのです。



さて、スローアウェイのカッターでの壁面加工。
ここに来られるみなさんも一度ならず困った事があるであろう、ちょっとしたトラブルの解決方法を暴露してみようと思います。
完全分業化された現場が多い中、かんたんで当たり前だけど、見落としがちなヤツです。
これから俺はイカした機械工☆目指すよ!!ってナウなヤングにもってこいです。か?


IMG_1733.jpg

刃先φ33 ボディーφ32 のタイプ、くびれているので本来なら綺麗に素通りできるはずなのですが、キリコが挟まってしまいボディーに溶着してしまっています。


IMG_1732.jpg

ちょうど50mmのラインがささくれたように荒れています。
まだ仕上げ前の荒加工なのでいいのですが、加工硬化がある素材なので余計な熱は加えたくありませんし、なによりダサい。
もう少しくびれさせて、そもそもの問題が起こらないように細工をするとイイと思います。


IMG_1735.jpg


しかし、工具長もセットしていますし、加工途中で機械を止めているのでできたらこのまま何とかしたい。
工具を外さずに、工具を加工したい。
できたらワークも動かしたくない。
お腹がすいた。
マーボ豆腐食べたい。
そんなアナタに

IMG_1740.jpg

こんな段取り

IMG_1738.jpg


IMG_1739.jpg


どうでしょう。
これは学校では習わないやつでしょう?
ちなみに、旋盤が一台あって、しっかりカンナ台の使い方をマスターすると、フライス盤がなくてもシャフトにまつわる加工は、概ねできるようになります。
「船の機関室の片隅には汎用旋盤が一台あって、それで何でも部品を作る。」
海の上なんだから、調達方法は作るしかない。
そんな眉唾な聞き伝えを思い浮かべたならば、困った時には何かアイデアが出てくるように思います。
僕も工場を始めたころ、道具もまだまだそろっていなくて、代わりになる何か。や、代わりになる方法。を、考える機会がずいぶんとありました。
設備、道具の揃った現場にいる。ということは、こういった機会を逃している。そういう風にも思えてきます。

同じような問題に直面した時には、是非思い出してください。
知ってるよそんなこと。って人も多いかと思いますが、ある意味サバイバルのようなオモムキがあるのがこういった技術だと思います。
無駄だけど無駄じゃない。そんな僕の脳内の引き出しの中身でした。

あ、でも。潤沢な資金を持って設備を充実させると、こんな知恵は必要なくなるので宝くじが当たるといいな。



What's Up
スポンサーサイト
2016_02
29
(Mon)15:17

土曜の夜の宴



先週末、ガッツクライミングジム 4周年記念コンペがありました。
もちろん参加です。


DSCN0408.jpg


DSCN0409.jpg


DSCN0410.jpg

最後、男前に飛び出すも、保持ならず


最近、会うと必ずボコボコにされる中学生。つよい。
掌の大きさは一緒なのに、背負ってるコメ袋が2袋以上あり減量の必要を痛感。

これは大人代表のK田さんに、カッコいいとこを見せてもらわねばなるまいよ。と、終了点近くでカメラを構えて待つ。


DSCN0488.jpg

きたきた。
びょーんと行っちゃって~!!!




DSCN0489.jpg
ウイーン。と、回転



 に
  ゆ
   え
    に
     ?


「これぐらいやらないと最後の一手は止まらないだろう。」 (本人談)




わたしですが、

「もうちょっとイケると思ってました。」(店長SS木氏後日談)

という、残念な結果に終わってしまい、振りかえると悔しいのですが、当日楽しかったので良しとします。
コンペ終了後の立食パーティーで、カレーのルーをストレートで飲むというエクストリームスポーツを軽くこなし帰宅。
よく遊びました。

日曜日がレースだったのですが、急な出荷依頼でキャンセル。
だらだらと惰眠をむさぼりました。
よし。今日からダイエットに励む事にします。





DSCN0269.jpg


サタデイナイト