2015_02
03
(Tue)16:47

仕事もひと段落

ここのところ忙しくしていたのですが、休みの日は休めるかな。という状況になってきました。
とてもいいことだ。

今週末2/8は、さぬきシクロクロスにエントリーしています。

2/22は中国シクロクロスの島根第9戦 さくらおろちにエントリーしてますし、3/8には今治湯ノ浦温泉シクロクロスin桜井にエントリー。

ちょっと、どうした?って感じですけど。ま、頑張ってきます。
スポンサーサイト
2015_02
09
(Mon)12:57

2014さぬきシクロクロス参戦記


第8回さぬきシクロクロス善通寺大会に参加してきました。
2/8(日)の開催でしたが、土曜日に現地入りしました。

土曜15時頃には四国に入国しておりましたので、会場まで行ってみようと思い会場である鉢伏公園へと。
善通寺ICからは車で10分くらいです。
試走できるそうなので遠慮なくさせてもらいました。

で、乗っていけそうだなと思いつつ、難しいと思われるセクションにはやはり人が集まっていて抜ける練習をしておられたので、混ぜてもらって感触を確認しました。


017b420c352c809b7c350529cd20caab29435bcd15.jpg
親セクションはこめかみとアゴに効いてきそうなので、若で


ツイッター大阪国民の某有名人さんともお知り合い?に慣れたし収穫ありでした。
これで明日はぐふふh。という妄想。(僕なりにですよ)


で、当日は少し早起きして朝ぶろをいただき、会場に行って走って帰ってきました。
お疲れ様でした。


019e97f97ef689e4fe99357b10332777d79baaf62d.jpg



話はそれますが、すこし自分に対する戒め的な意味で記録しておきます。

 ・後ろのほうにいるとやっぱり周りも後ろのほうにいる人たちなので乗っていかずにスグ自転車から降りちゃうので、行こうとしても先は渋滞しているので、結局降りる事になる。やっぱりある程度は前に行かないとアグレッシブにはいけない。
 ・走っていると前の人の技術の感じ?レベル?みたいなものがなんとなくわかってきて、ここは乗っていくな!と思って安心していると、さらにその前の人がコケて巻き込まれる。ようするに前の人は何かしらヤラカスと思って走ったほうがよさそうだ。
 ・観客の人たちの「乗っていこう!」や「担いだんがはやい!」などの声援はやはり的を得ている気がする(これは帰ってから寝る前におもった)
 ・でもやっぱり乗ることにこだわらずに、さっさと担いだほうが安牌っていうこともあるかもしれない

こう書くと
「周回重ねたらバラけてくるから、もちろん2~3周目辺りからは乗っていたんだろうな。」と、お思いでしょうが、そのころには溌剌とした表情もどこへやら、生ける屍と化した後厄の男がただひたすらにゴールを目指すという耐久レースの様相をおびてくるのです。

まぁ、人生において同じ場面が二度用意されることはないので、後悔のないようにしましょう。


しかし、とてもたのしいシクロクロスデビュー戦でした。
シクロクロス。くっそおもろい。
2015_02
18
(Wed)12:53

陽極酸化皮膜は突然に

01576392f785ad73fdc5e42785cc56b538af0142f1.jpg

先日気づいたのですが、五本入りのヤクルトにはストローが付いてきます。
この付属の細いストローでヤクルトを飲むと、この大きさでも満足できるから不思議。
だまされたと思って試してみてください。おいしいから。

注意点が一つ、10本入りにはストローが付いていません。なぜだ!










ツイッターを眺めていると、なにやら興味のある話題が流れていて、その流れに華麗に飛び乗った。
K-tanさんが以前やっておられたチタンに陽極酸化皮膜を被せる方法についてだ。
教えてちゃんに変身し、色々と必要事項を聞きだした。

伺っていると、どうも自分の持っている道具で施工できそう。
だったので、挑戦してみた。


016e3ad0eab2f35296a28d73cd9480ac230e67f621.jpg


ステンレスのバットとボール、コーラ(赤)コーラ(ゼロ)スポーツドリンク(謎)を用意しました。
まずはコーラ(ゼロ)で実験。



01cd5f22648cd45e0734c2f6925974b0fbd645e206.jpg
泡が!泡が出るよ!!


01f32f23f48e5c1fcffd2403e96b86d703bf500dc2.jpg
おぉぉ。


010942400d5ba1f50c35c5df21464b712f6cc8feca.jpg
20v~120vまで試験してみた


テストピースは先日切削加工で発生したキリコ。
小さなものだとあっさり発色する。



0187314d9f2cefb20fbea844a8dea70be4290ba619.jpg
表面を研磨して艶があるほうがきれいになりそうなので、バフかけてみたものを施工




0119a29165727ee0f229bce97e097d356b14a4c34c.jpg
結構きれいにできた。


しっかり時間かけたら全体が同じ色になるはずだけど、電解質溶液をどういったものにするかで発色は違うみたいです。
電解研磨用の液とかバッテリー液とかってことになるんだろうけど、うちの工場では出番がなさそうなので購入はしなかった。ケミカルヤマモトとかね。



014b25a5d10df745915307fd5f57ab1f4d2b269b0d.jpg
ちなみに、このスポーツドリンクでもできた。


水に塩をいれただけでも出来るんじゃなかろうか?
ま、またやってみます。
結構お手軽。
みなさんも是非。










カンフーファイティング

今週末はさくらおろちでシクロクロス。ドロドロになってきます。
2015_02
23
(Mon)18:20

 中国シクロクロス2014【島根第9戦】


なんて物騒なんだ


2/22 中国シクロクロス 第九戦 さくらおろちこ に参加してきました。
呉からだと3時間くらいかかるのでちょっと遠いけど、ジャンクポッドキャストを聴きながら車を走らせれば眠くはならない。


P2220025.jpg
意識の高いS藤さんは長靴を装備


早めに現地入りして、コースを歩いてみた。
たしかに長靴は必需品ですな。

P2220015.jpg
ヘイッ!ヘイッ!ホッ!!っとクリアできそうです


P2220011.jpg
太いな。。。


017bbc30935ff81fe1a4c8b636635ba8e6ba7edebb.jpg
っというような感じ、一周1600mほどのコース



歩いた後、2周ほど試走してみたんだけど泥のパートってみんなが走れば走るほど、深く、そして柔らかくなっていっていて、嫌な予感しかしない。

で、時間はあっという間に過ぎまして、いよいよ出走の時が迫ってきました。
前回の教訓もあり遠慮せずに早めに場所取りしました。
最前列。
おい、ドキドキするわ。
といっても17人ほどしか参加者がいなかったので、4列程なんですけどね。
それでも最前列。無駄な気合いがメラメラと。

覚悟する間もそこそこにレーススタート。
最初の砂のターンで3人団子状態。左にはハ+君。
ハンドルを切りこみコンパクトに回る。
小さい三本シケインの二本目でハ+君と並び勢い付けて三本目。先頭に!
クルッとまわって泥に突入。底がボコボコになっているので真っ直ぐに進みにくい。
そこを体内のジャイロをフル回転させて直進。
自分の走りたいラインをベシャベシャと突き進んで脱出。
ちなみに3周目で前輪が深く刺さってこけた。高校体育の柔道の時間を思い出した。
砂利を駆け抜けるも真後ろに大勢の選手。気にしてる余裕はない。すぐに斜面のセクションだ。


P2220065.jpg
カテ1の選手は乗ってクリアしておられた。

試走の時に乗って行ってみたが、本番では途中で止まってしまった時の時間の無駄をおそれて押して行った。
後になって思うのは、やっぱり乗っていけばよかった。
頂点でスグに飛び乗って再び加速。
振り向きはしないけれど後ろ詰まってる感じがして、焦る。
ポニーテールは振り向かない。
20mほどの泥。でも、ここはただの泥なので愚直に通過。
ここまでで500mくらい、コースの1/3程。時間にして2分くらいか?
砂利道に出て加速しないといけないんだけれど、あれれ?もう疲れちゃったか?
失速というか加速せず。
短い間でしたが、先頭を走らせていただきました。

一瞬だけなら煌めくんだ!俺は!
威勢はいいんだ!最初だけなら!!

むぅ。。。オーバーペース恐るべし。
ここから先の展開は「パッとしない」の一言に尽きる。


P2220064.jpg
ハンドル切って曲がる感じだと切り込んで行けて良い感じだった。

ただ転ばないように進むと、大周りになってしまってよろしくないので、積極的に曲げていく。
コントロールする楽しさ。ってんですか?


014144fabe38ad4eb9b5ccf0f832a8153ff933e4cf.jpg
朝には数本の轍しかなかったのに、レース始まったらとたんにヌタヌタに


集中を切らして油断してしまうと、大人達の引いた人生のレールという名の轍に、勝手にコース変更を強いられるので、自我をしっかり持って車体をコントロール。
しかもこのレール、安定はもたらさずにコースアウトへと導いてくれるのでタチが悪い。


泥んこエリアを脱出したら、芝と舗装路で1000mほど。
あとでI原君と話していたら「ソコが稼ぎどころ」だそう。
ですよねぇ。
泥で足を喰われて、芝と舗装路で休む。という、全くもって情けない展開。


P2220048.jpg
芝を駆け抜ける、カッコいいカテ2の選手。

下ハン!!スピード感もあるし。
僕なんてのはアゴが浮き、腕は伸び切っていたであろうと思います;;


P2220057.jpg
自転車は担いで楽しむ乗り物でしたか?

周回を重ねるごとに階段を登るのにも体は重く足は上がらず、5周目においては、さながらお爺ちゃんのよう。
前を行く選手に追い付こうと意識してはいるのですが、すれ違う場所が一周ごとに手前になっていく悲しみ。
しかし、途中で諦めることなく最後まで。

ゴール後はしばらく咳が止まりませんでした。
泥が口に入ってじゃりじゃりするし。
たのしい。


P2220033.jpg
オツカレ





P2220063.jpg
しばしへたり込んだのちに、自転車を洗って呑気に談笑、そしてC1C2観戦。
さすが昇格をしている選手の走り。見ていてカッコいい。速いしウマイ。
がんばろっと。


P2220049.jpg
メカトラによる悲しい一幕も


P2220053.jpg
!!!


P2220050.jpg
タイヤも剥がれちゃう。

ピットでマシン交換してすっ飛んで行く。
これもまた見もの。


P2220036.jpg
オレンジジュースで洗車しようとするI原くん。結局追いつくことはできずに悔しかった。


ガンコな汚れも強力洗浄!!オレンジの皮からていねいに抽出した天然オレンジオイルをたっぷり配合。生分解性も99%なので地球にもやさしい。でも、アリが寄ってくる。
これ一本で家じゅうピカピカ。軽い汚れは200倍に薄めて使えるので経済的!でも、ネチャネチャになる。



P2220034.jpg
エンドではなくRD本体を折り破壊するというミラクル

さぬきシクロでは、腕時計をクラッシュし、今回はVブレーキ→カンチブレーキにしてブレーキの利かなさを嘆いていたが、最終的にはRDを壊して担いで周回しDNFというなかなかの出来栄えの男。S藤さん。


P2220031.jpg
来た時よりも帰りのほうが自転車がきれい。という奇跡の男 ハ+君


前面はきれいなのに後ろはドロドロ。
ウッカリこのまま車に乗らないかな?と思ったけれど、そうは問屋がおろさないらしい。

しばらく談笑して解散。



016e55477c46bc7f1b3797aee2509cf9aaa4f6b249.jpg
参加特典として入浴券が付いていたので


01f2d1e32a3fce368f530e7fb706e2f8e3a0516d32.jpg
お風呂をいただいて


0141b532e22302540089bea479ce723a282911433d.jpg
カレー食べて帰った。



次は3/8 今治湯ノ浦温泉シクロクロスin桜井
どんなコースだろうか。楽しみたいと思う。