2013_12
03
(Tue)16:16

湯来ヒルクライムに参加してきたよ


鼻水の貯蓄量って凄まじくないですか?
どこにこれだけ入っておったのだ。というほど出るんですけど。
今日一日で牛乳パック一本分くらい出たんじゃない?

この事実に比例して、コバナが赤くヒリヒリしてくるのです。
わすれずにメンソレータム塗りましょう。



12/1に湯来ヒルクライムに参加してきました。

朝五時に起床しまして、身支度。
身支度の間テレビをつけていたのですが、にんにく卵黄のコマーシャルが流れておりました。
これ欲しいわ。と思ったのですが、自分にはまだ早いと鼓舞して家を飛び出しました。
外寒い。


車で会場である湯来まで行く道中、外気温が少しづつ下がっていくことに戦慄を覚えました。
で、会場近くで野生のサルが道路を横断しておりました。
暫く行くとまた、
サルが。。。橋を渡っておる。。。。


うーん。。。。凄いところに来たようだ。
藪の中にサルがいた、なんてことに出くわすことはありましたが、サルが橋を渡るのを自動車で待つなんてことがあるんですね。
威風堂々と尻を振りながら進むサルの後ろを。
貴重な体験でした。



で、会場に付きまして。開会式。
開会式の後に「山頂に揚げてもらう荷物。」すなわち下山用の防寒具、ジャケット等を預けるのですが脱ぎたくないほど寒いんですけど。
意を決して上着を脱いで、ゼッケンタグをつけたビー二ール袋に詰めて預けました。


580a2296.jpg

頼りないウインドブレーカーを羽織って、1.5kmほど離れたスタート地点に移動しました。



5980f35e.jpg

スタート前の貼り詰めた空気。そして背筋。ガンバレ!



十人づつ一分間隔でスタートします。



0ce62d0d.jpg

いよいよ、自分の番。




この待ち時間って、なんでトイレに行きたくなるのでしょうか?
不思議です。
しかし、カウントダウンは非情にも進み続け、スタート。


二人の選手が飛び出しました。
なので僕も飛び出したのですが。
まぁ、あれ。そんなについて行けない。

走り出したら、寒いとかという感覚はなくなるだろうと思っていましたが、吸い込む外気の冷たさに気管がヒリつきます。
手の小指の先っちょもカジカンでいるので、グッパーグッパーやりながら登りました。
それでも、途中からは先にスタートした選手が落ちてくるので、気分も盛り上がって寒いのも忘れましたね。
あの人に追い付くんだ!と思いながら、ね。



d40edd44.jpg

新城幸也選手の自転車。と、選手本人。



で、ゴール後は具だくさんの豚汁をいただきながらしばし談笑。
荷物を受け取り、モッコモコになって下山。


温泉につかり、ヒレカツ定食を食べて帰りました。



で、呉まで帰ってきたら「呉龍」がまだ営業していたので緊急ピットイン。




2c55425f.jpg

冷麺ワンタン入り。



いや、いつ食べてもおいしい。
とてもおいしい。

成績? は? なにそれ、おいしいの?







うんこ

D
来年も是非開催していただきたい。
とても楽しい一日でした。


スポンサーサイト
2013_12
16
(Mon)17:02

周防大島一周サイクリング


ecc7d791.jpg

潮風公園みなとオアシス ゆう


12/15
朝八時、ひらりんをピックアップして山陽自動車道を西へ。
岩国ICで降りて、由宇方面へ。
山口県岩国市の「みなとオアシスゆう」で自転車を組み立てて、十時出発。

三人組のカッコいい外国人サイクリストも、ここ出発みたいでした。
シュッと手を挙げて、走り去る様がかっこよかったです。


まずは柳井市大畠に掛る、大島大橋を目指します。
去年の春に参加したブルべでもこの道を走ったね。などと喋りながら。

で、橋を渡ると


ef80016e.jpg

反対車線に渡る地下道。


島を反時計回りに走るのです。

この日は、大島一周駅伝が開催されていました。
午前中は似たような道を走るみたいです。
沿道に警備の人や応援の人たちが結構出てきていて、賑わっていました。


2cf71366.jpg

人目をはばかるかのように、山に逃げる。



1b140854.jpg

ダム本体、上には公園がありました。



ずっと平坦だと、ひらりんが不服そうなので少し登りも混ぜました。
道はきれいだし、景色はいいし、申し分ありませんでした。
屋代ダムをかすめて、島の南側に出ました。
外周の道と合流したらすぐに、



77f8557e.jpg

たちばなや外観



0d2296d9.jpg

中華そばはあなたを空腹から解放する



第一目的地の「たちばなや」です。
探そうという意思がないと見つけることは困難と思います。

中に入って早速注文しました。
中華そばといなり寿司。
料理が出てくるまでに、表が騒がしくなってきて



5340b692.jpg

がんばれー!



店の目の前が、中継点。
なんというか、ここまで全力で走ってきたランナーは、燃え尽きておりカッコいい。
で、今スタートを切ったランナーはすごいスピードで駆け抜けていく。カッコいい。
いいもんですね。若い血潮。


あ、見惚れていると麺が伸びてしまいますよ。


b7f8460a.jpg

いりこだし。すごくおいしい



いなりもそばも、すごくおいしいです。
近くに行かれた際にはぜひご賞味いただきたい。
薄味のようだけど、薄味ではない。まぁ、兎に角うまい。


b45ee441.jpg

なんともノスタルジー


汁も飲み干し再出発。





出発してスグに異変が。


沿道のおばあちゃんが応援してくれるんですね。
我々を。
高頻度で。
おじいちゃんと見ているお孫さんとかも、


これには弱った。
一刻も早くこの区間を抜けだそうと、二人してペースを上げるとさらに応援が過熱!

ちがうんだって。僕らただラーメン食いに来たおっさん二人組だって。

耐えきれない。この場違い感。
彼女たちの純粋な歓声が体中に突き刺さります。
笑えんし。かと言って、手を振り返すのも違うだろうと。
ま、コースからそれた時の居心地の良さは忘れられません。



411775b0.jpg

コースから反れて、いったん仕切りなおしました。


78986304.jpg

アイフォンを買い求める行列。



e1755cd2.jpg

あの橋も渡っちゃいます。



周防大島って沢山の先っちょがあるので、出来るだけ先っちょハントしながらサイクリング。
沖家室島


5495b3d3.jpg



ac760242.jpg



e2c4656a.jpg



趣のある町でした。ヤンマーの看板とか、釣り人がたくさんいました。


外周路にもどって再び発進。


d21fec67.jpg

。。。。


片添ケ浜海水浴場で二度目の食事。
おばちゃん一押しのカルビキムチチャーハン。
食べてる横で、大学生くらいの3対3のグループ交際的なキャッキャウフフがうらやましかった。
オジサン二人は黙々と食べる。

チャーハン食べたら、島を横断するオレンジロードという農道を上がったり下がったり。
きまぐれですな。



e4e34248.jpg

東の先っちょ伊保田



なぎさパークにもよりました


d5ae6a71.jpg

でかい!


d7049e9e.jpg

ウイーン、クルッ、ウイーン

収納する仕組みがシンプルで合理的だった。
リングギアって偉いな。


739acaaa.jpg

だそうですよ。


すぐ横には、陸奥記念館もあります。


1182626c.jpg

陸奥


9b8cff1b.jpg

道の駅サザン瀬戸とうわで、洋ナシジェラートとミンチかつ


このミンチカツとジェラートの組み合わせは、お勧めできない。
走りの強度があがると、GEBOが出そう。



0dd0874f.jpg

穴からの脱出


a3ecab58.jpg

西に傾いた陽が、ゴールを演出


8d166280.jpg

大島大橋



日が暮れる前に、駐車場まで帰ってきて無事帰路につきました。



9aed58b9.jpg

宮島SAにて、水で乾杯。


たまには遠出もいいですな。と、話しながら帰ってきました。
来年の春には秋吉台や、蒜山あたり走りに行きましょう。






フォトグラフ

D
はじめてのキスはキムって女の子。ジャックバウアーにやられるぞ!
奴はタフだからな。24時間で解決するし。


2013_12
22
(Sun)14:20

そのセンス


金曜日、katu!さん・えぎさん・たっちゃん・たなきさんと、晩御飯を食べに行きました。
とてもおいしい時間を過ごせました。ありがとうございました。


e8aaf93d.jpg

もうとまんな
いおいしさ


お子さんがお店のお客さんに向けて書かれたものと思われます。
ちょっと和みました。
目の前で手際よく出来上がっていく料理を見ているのがとても楽しかったです。

ひなた





で、息子が冬休みで帰ってきています。
自動車学校に通いつつ惰眠をむさぼっておるのですが、昼ご飯何が食べたいか?と聞いたところ「某ラーメン店」に行きたいっていうから行ってきました。



b6456ddc.jpg

ラーメン店


となりの定食屋は、すでに閉店しているのですが高校生の頃よく行きました。
学生に過度の大盛りを出していたから採算が合わんくなったんだろうか。



22d41ec5.jpg

メニュー



2a189bbf.jpg

ラーメン定食(ラーメンとチャーハン)



ここを知らないようでは、まだ広の住人とは言えないというほどにおいしいですが、結構知らない人が多い。
店構えなのか場所なのか。
ひらりんに知っているか?と尋ねたら知らなかった。
ぐらぐらの椅子とベチャベチャのチャーハンが特色か?
騙されたと思って一度行ってみてはいかがだろうか。




fd78016b.jpg

最大の特徴は、ポリシーなのか換気扇が回っていないこと。


めがね。曇ります。




7258993d.jpg

さっき自転車で走っていたら、第三音戸大橋がみえた。

手前の大きいのが第二、奥に見えるのが第三


c0332f75.jpg

大橋の名に恥じぬその姿。



遊び心たっぷりの担当部署、言いだしっぺに拍手を送ります。
すばらしい。






D
おーとーなーがなーめまっすペロンペロン


2013_12
28
(Sat)16:09

冬の自転車旅行 第一日 呉~大分


12/24~27まで四日間、自転車でふらついてきました。
とはいっても、数か月にわたってまじめに計画を立てて休みを取るべく納期の調整や、前倒しをして万難排して挑んできました。

広島県は呉より、鹿児島県の桜島まで自転車で行ってみました。
なかなか得難い感動がありましたので報告いたします。
伝わらなかったらごめんなさいね。
写真をいっぱい撮りましたから、多めです。
自慰行為だと思って許してください。



12/24
呉市広町~大分市街地


9babc783.jpg

朝7時半の松山行きフェリーに乗ってスタートです。


69b3436d.jpg

行ってまいります。


9a022462.jpg



b71df254.jpg



965ce8f4.jpg



呉を出港するといきなりコレデス。
鼠色の船がいっぱいです。


85203ffa.jpg

片道2,600円 2時間の航路です。


ee28de40.jpg

フェリーのトイレ。強のボタン押しすぎて、


刺激の少ない生活に嫌気がさしたんでしょうね。
モア!モア!


32354223.jpg

松山観光港


さぁ、ここから八幡浜、佐田岬、三崎港~フェリー~佐賀関・大分と走っていきます。
絶好のサイクリング日和、風がありますが前半八幡浜までは南に向かう感じなので影響は少ないはず。
問題は八幡浜からの西に向かうルート。向かい風なはずです。
気にしても仕方ないので、ペダルキャッチをして走りだします。
なんというか、クリートをキャッチするパチンという音が、こう、ね。
滑りだす自分自身への合図って言うか、心地よいですね。



e8a16f3a.jpg



d91828b9.jpg



やーいい天気ですよ。暖かいしちょっと調子に乗ると暑いくらい。
こりゃウェア選び失敗したな。
ま、寒いよりはいいか。なんて思いながら

途中の町でとてもいい匂いが漂っているのです。
そこらへん一帯がいい匂い。おいしい匂い。



86672220.jpg

犯人。


そりゃいい匂いなはずですを。腹減るし。やめて。


275dbf35.jpg

何か決まりがあるのか?決まってこのスタイルですね。


でも、間違っていないことがわかるので安心できる。
伊予市の街中を抜けていよいよ瀬戸内海が見える国道378号線


3d7e1d9c.jpg


8fd503c7.jpg


e92864db.jpg

ゆうやけこやけライン

ゆうやけこやけラインを午前中に走り抜けるよね。
この道はいいです。
単調だけど路面がいいからすいーっと走れるし、信号があまりないからストップアンドゴーがない。
街を抜けるまでのストレスって案外あるよね。


宇和海側に入り込みまして、


75f9a23d.jpg

八幡浜の商店街


の、はずれに

b541490b.jpg

イーグル


日本三大チャンポン

長崎ちゃんぽん
小浜ちゃんぽん
天草チャンポン


に混ぜてもらえなかった反骨スピリット
八幡浜チャンポンです。


49b3cb8a.jpg

野菜少なめという、台無しなオーダーも快く受け入れてもらえました。


だって、麺に辿り着く前に腹が太るんですもの。
おいしかったですよ。
となりのオジサンが注文していた「かつどん」もなにやら一風変わっていて美味しそうだったです。
食べればよかったと後悔している。


3e857a91.jpg


e4abaad2.jpg

また瀬戸内海側にワープ


いよいよ本日のクライマックス佐田岬に向かいます。

67458bb5.jpg

しばらく走って振り向くと八幡浜が望めました。


15a1b706.jpg

一旦ここは通り過ぎて、あとでここからフェリーに乗ります。


02a7eb61.jpg


cf4b218b.jpg

とても風が強くって、天気がめまぐるしいことになってました。


そもそも、風車がある時点で風強い場所ってことですよね。
ヒュンヒュンと終始聞こえてきて、音が大きくなったと思ったら見上げればそこには風車。みたいな。


dbc6bbe5.jpg

先っちょ直前にある港町。


4a28b941.jpg

白いのが覗いています。アレが灯台


58fd3760.jpg

あるくのはちょっとかんべん。


だって、見えちゃったし。
ちょうどアベックが帰ってきたところだったけど、へとへとになっていたし。
僕もすでにヘトヘトデスシ。


42c7057f.jpg

困った困った。


15キロほど元来た道を引き返して、フェリー乗り場の前のパン屋さんでサンドイッチと缶コーヒーを買って飲み食いしました。


503e5efc.jpg


403ca103.jpg

向こう岸、九州にかかっている雲がなんかヤバイ
9657b324.jpg


fe8e9b9b.jpg


いよいよ九州に上陸。ここから宿まで30キロ、ライトも明るいし。まぁ、チョロいです。


ポツ

ん?


ポツ

・・・・



06ef5e62.jpg

イルミネーションがきれいで恋人たちも濡れる街角。


リュックカバーをするほどに降られましたヨ。もぅ。
カラアゲを食べるつもりだったのですが、僕の胃袋は


「暖かい食べ物ならなんでもいいよ。」


とやさしいのです。


a47dd5b9.jpg

これで、はずれなわけがない。


めちゃんこうまかったです。
五臓六腑にしみわたる。




こんな道を走ったよ 



君の街まで

D
ハイハット、スネア、カッティング。素敵すぎる。


2013_12
29
(Sun)11:14

冬の自転車旅行 第二日 大分~宮崎


いつぞやの休みの日に、妻と散歩に行きました。
広から呉市街まで歩いて「一心」でうどんとコロッケを食べて、呉二河~焼山の旧道「鍋土峠」を徒歩で攻めました。
普段から運動をあまりしない妻が、「登り坂って必要なくない?なくなればいいのに」と呪いの言葉を吐いています。が、気にしません。
シンと静まり返った道をあるいていると、遠くでフルートの練習をする音が聞こえてきます。
近づくにつれ音もはっきりと聞こえるようになり、BGMのようでいい雰囲気です。
さらに進んでいくと、九十九折れの下のほうから熱い吐息が聞こえてきます。

ハァハァハァハァ

よく聞くやつです。
自転車で登ってきているようです。聞こえるけどもなかなか近づいてこないのは坂だから。
そのあとも二人ほどサイクリストが通り過ぎていきました。
一人はブルーフィルムを返却に向かう途中のえっさんでした。ご苦労様です。家から遠いレンタルビデオ屋さんに通っているのですね。お察しします。



さて、自転車旅行二日目
大分~宮崎です。


12/25

f6787321.jpg

見慣れない天気予報の画面に旅を実感


天気よさそうですよ。
地図を見てると前半こそ少し森に入りますが、後半は海岸線を、渚を、ビーチを、風に吹かれながら流す。そんなイメージです。
素敵サイクリングのにおいがプンプンします。ホットパンツのカナダギャルとかとご一緒できたりなんかして。冬ですけど。正月前ですけど。


9b175488.jpg

ホテルには自転車ばらして持ち込みます。なので朝から組み立て


ちょうど通勤時間帯だったもので、人通りが多くって肩身狭い気もしましたが、気のせいです。
誰もこちらのことを気にしてなんかいません。堂々としましょう。


89b8b7cf.jpg

安定の吉野家


うまいし早いし安いし。いうこたーねーよ。
さっさと食事を済まして、市街地を抜けてしまいましょう。
車は多いし、前からは対向自転車障害の動向を見極めてかわしたり、左端の小さな砂利を避けるわけにもいかずに抜重作業をこなすめんどくささ。

e0a1332b.jpg

先は長いです。イライラしない。それは損なことなのです。


市街地を抜けると、やっと楽しさが出てきます。
国道326号


f5c4c643.jpg


09986c71.jpg

こんな景色が待っている


つま先がキーンと冷える感じもなにか日常から少しずれてる感じでいいな、と思います。
が、普段の通勤でもやっぱり冷たいんですけどね。
不快ではない刺激。
この国道大きなトラックも頻繁に通りますが、路肩や歩道がなかなかによくって走りやすかったです。

途中寄り道



616e8202.jpg


f193a3d2.jpg


04c4321d.jpg


トトロの森。
猫バスが停まるバス停、です。
めいの周りにいる小さなトトロには願い事が書かれていました。
かわいい願い事から、ちょっと面白いもの、生々しいものいろいろでした。
ここでは言えません、ぜひ訪れて確認してみてください。


ここからは、下りと平坦。ひじょうに気楽。


191cfc4f.jpg

延岡といえば?


afd320e8.jpg

チキン南蛮でしょう

異論もあるでしょうが、僕の先入観はチキン南蛮警報発報中。
並んででも食べる価値あると踏んでいたのですが、幸い少し昼時を外してしまったので3組くらいの待ちで食べることができました。

06190171.jpg

タルタルではなく、甘酢なんです。

僕の後ろに並んでらした二人組の方が、
「どちらからいらしたんですか?食べログで調べて?」
「私も福岡から来たんですよ」
「すごくおいしいんですよ」
と。

一口食べて、ムセました。うまい。
二口目で不覚にもまたもやムセました。
三口目からムセなくなりましたが、まぁ兎に角おいしい。
器の底にある甘酢にひたひたにつけながらモグモグ食すことホンの数分。ぺろりと食べてしまってました。
本当においしかったです。

食欲を満たしたところで午後の部が始まります。
脳内BGMはシュガーレイ。まちがいない。
と思っていたのですが、
あんまり海って見えないのね。
ちょっと見えたりするんですが、まだいいスポットあるだろうと思っていたらシーガイア近辺まで来ていて。
途中ローソンに止まっただけでした。
うーん。。。どげんかせんと。どげんもならん。。。。
結構楽しみにしてたのにな。




5ac4e8fa.jpg

途中でよったコンビニエンスストアで竹内裕子の美しさを再確認しただけでした。





38bfcec5.jpg

本日のゴール



駅から南に500mほど行った自転車屋さんで空気入れを借りて空気を補充しようとしたら、わざわざ補充してくれました。いいお店だ。ありがとうございました。
振れ取り台や、使い込まれた道具たちが大事にされてる感じでした。



で、大分から来たわけですが、ワタクシ豊後牛を食べることなく宮崎に来てしまいました。
取り返しがつきません。
後悔先に立たず。




c4ce48e1.jpg

かつおの漬け茶漬け。いただきました。ご馳走様でした。

26日は雨の予報です。




こんな道を走りました



365日

D


2013_12
30
(Mon)11:16

冬の自転車旅行 第三日 宮崎~指宿


29日朝。

74776b67.jpg

つむりん(@tsumuri_f5 が呉にやってきた。


広島から氏の住む町まで走って帰るんだそう。
まっすぐ帰ると500キロに満たないため、倉橋、江田島をぐるり一筆書きして500キロにするんだそう。
豪雪で身動きの取れなくなったエリート氏の熱い思い!(甘いお菓子@補給食)もポケットに詰め込んで迎撃に躍り出ました。


4bcad8ac.jpg

びっくりするくらい軽装ですな。


オジサンびっくりしちゃったよ(笑)


3cdfdc97.jpg


c3c4782c.jpg

大和ミュージアムとその界隈を観光


b41379df.jpg

アレイからすこじま
bb383856.jpg

初めて見たよC50


477c39e9.jpg

少しの間だったけれど、ご一緒できてなによりでした
3502d9cb.jpg

渡船つばめで旅立つつむりん。


固い握手で再開を誓って送り出しました。
音戸の瀬戸は渡船で渡ってもらいました。
なかなかない体験なのでよかったかな。
で、今朝気づいたらもうフィニッシュされておりました。
どんだけだ。






自転車旅行三日目
四日間で一番きつかったです。

12/26
宮崎・日南海岸・大堂津・志布志・根占~フェリー~指宿

ホテルでバイキング形式の朝食が出たのでたらふく食べておきました。
予報通りに雨が降っております。なんて日だ!


b8872610.jpg

ありがとう!自転車屋さん。


前日に空気を入れてくれた自転車屋さんです。


025b0ae0.jpg

簡易フェンダー大活躍


こんなもんで快適だったから、サドルの下にベロみたいにつける奴も有用だと思うから今度試してみよう。
リュックの中に忍ばしておけばいいんだから、そんなに邪魔にはならんじゃろうし。


6d1ed8cd.jpg

まぁ、雨。


62f0b43f.jpg

道の駅
adf7a128.jpg


a477dbba.jpg

ザザーン!

e2557132.jpg

しゃくれておりますな

1abe2c60.jpg

道路から見えたモアイたち

モアイを過ぎたら、次のでっぱりにあるのが、鵜戸神宮

ff249fea.jpg


91065d10.jpg


1062251c.jpg


56f35332.jpg

おちち!

40a253d8.jpg


cabe7b45.jpg

階段のとこにいる夫婦さんは五年前まで福山に住んでいたんだけど、奥様の実家のある大分に今は住んでいるんだそう。

18231c17.jpg

あの穴に左手で投げた運球が入ったら願いがかなうんだそうです。

トライしてみました。チャンスは五回。
二回目で入りました。
本当に入ったのです。
入ったのです。証拠はない。
日が差してきたのは願いが通じたからか。

87b235d1.jpg


20a95a5a.jpg



18bc7ffb.jpg

とてもいい景色でした。




次の目的地は大堂津。醤油の町、大堂津
醤油を買うのです。
事前に問い合わせて醸造所で直売してもらうのです。


82812819.jpg

しかしここで、ちょっとアクシデント。


チューブに小さな穴が開いたのです。
少しずつ空気が抜けるトラブルが発生しました。
運よくガソリンスタンドの前だったので場所とコンプレッサーをお借りできました。
雨でドロドロになったリムでの修理は億劫ですね。


086c6ee0.jpg

大堂津駅

3cb80869.jpg

工場見学までさせてもらいました。

e8cd84d4.jpg

ありがとうございました。
持って帰るつもりでしたが荷物が重くなるのはやはりつらいので、宅配にしてもらいました。
年明けに届く予定。
甘い味なんだそうで、たのしみです。


次に目指すは「志布志市志布志町志布志」という名前の地区にある洋食屋さんを目指しました。
走っている最中に、とあるブログの記事を思い出しまして、


efbf3f65.jpg

志布志にきたら、エブリワンでばくだんおにぎりを食べるのが胸熱だと。


洋食屋さんは、やめにしてばくだんおにぎりmgmg


でここから根占港を目指すのですが、16時15分にはフェリー乗り場についておきたいのです。
2時間45分で残り距離60キロくらい。
余裕と思いながらも、気が焦ります。

41f608c3.jpg

ム!ムシキング!!!


止まってこんな写真撮ったりするもんだから、少しづつ残り時間が。。。。。
最後の20キロとか、フェリーTT勃発でした。
頑張らないと決めて始めた今回の自転車旅行。
この頑張りが大きなダメージとなり今も足に若干残っている。後悔はしていない。



ebfc55bc.jpg


97bcbd34.jpg

間に合いました。この時のやった感といったらもう


e039d2f3.jpg

指宿にフェリーで渡ります。

フェリー乗り場の二階にある観光協会のようなところのおじさんが、写真を撮っていると話しかけてくれて、しばらくお話ししました。
根占のこと、開聞岳のこと、集団で就職したころの思い出話。
短い時間でしたが、面白いと言っては失礼かもしれませんがおじさんの人生の機微のようなものを感じました。
数人で走った場合はあまりこのように当地のかたのちょっと深い所って聞けたりはしないのだろうけど、こちらも一人だと話半分にしても面白い話を聞くチャンスが幾度かありました。
ドラマチックなおっさんの話。映画化はできないけど面白いよ。



4c580d54.jpg

指宿ではラーメンを食べました。


最後の夜は少しお高い宿に泊まりました。7500円で温泉と朝食付き。
たっぷり温泉を楽しんで、泥のように眠りました。

三日間の総走行距離が500キロを超えたので、明日は観光サイクリングに徹するのだ!
いよいよ最終日。桜島が待っている。





こんな道をはしりました。







ズレてる方がいい

D
旅の道連れは消えない理想さ!


2013_12
31
(Tue)09:08

冬の自転車旅行 最終日 桜島


いよいよ最終日。
クライマックスは魂の桜島。
風は強いけど晴れの予報。
疲れよりも楽しみの大きさで足取りは軽かったように記憶している。
ほんの数日前の体験なのに、悔しいくらいに過去の出来事。今ではまた何かやりたいと思っている。


12/27


8eed9343.jpg

おかず多すぎ。ご飯はおかわりした
89f0e6d5.jpg

牛。その後ろに写っているヤシの木の強風アピール
5d0d4747.jpg

姉妹都市なんだって。




走り出してすぐに、
1379c303.jpg

これは楽しくないと判断、小雨も降ってきたしね
f809b196.jpg

輪行で鹿児島までワープする
b5950337.jpg

旅感




069bfa9e.jpg

呉の路線バスと同じシステム。整理券をとってその番号の料金を支払う
c5ebb6b7.jpg

運賃箱兼両替機
a63496ec.jpg

ぬ。。?あれはもしかして




b89e9c27.jpg

南鹿児島駅で降りる
4cc585dd.jpg

組み立ててるその地面。火山灰!
9eccdc66.jpg

フェリ乗り場へGO!




11d77143.jpg

フェリーの順番まち
ec7916c6.jpg

待機中の我が愛機
1bf648a2.jpg

!!!!!!






「隣の席に座ってるおっちゃんに話しかけられる。
どこから来たのとか、あの自転車いくらくらいするの、とか。
「ロードバイク自体はピンキリですけど、40~50万円くらいっす」と答えると
「ああ、やっぱりそれくらいするよな」と。
おお、珍しく話の分かるおっちゃんだ。たいていは値段を言うとひええええって感じなのに。
若いうちにいい経験してるなあ、とも言われた。
自転車を始めてから、何度も何度も旅してきたことを思い返すと、確かにそんな気もしてくる。
いい経験なのかな。
わるい経験ではないことは確か。
でも、若いとか関係ないよ、と言いたくなった。
何歳になっても、いい経験はできる。年齢で縛られるのは体力的なものかもしれないけど、きっとそれも本当の意味では問題ないはず。
したいなあ、と思うか、しよう、と実行するかの違いじゃないだろうか。
私はいつまでこういう経験ができるんだろう。」


つむりさんのブログにこんな記事がありました。


雷に打たれたような衝撃でした。
自分もこんなことしたいなあ、って思ったことは幾度もあるけどなんだか背中を押してもらった格好になって、
しよう!
と実行する運びとなりました。
ありがとう、つむりん。
いまとても充実している。

ちなみにこの記事を読んだときには、四国カルストから香川岡山ってコースも考えたけど。冬には厳しそうだと南国に変更しました。これはまたいつの日か。








f085d7d9.jpg

いよいよ、走り出しますよ。行きも帰りも料金はこのゲート。
c5904932.jpg




4a11f8cb.jpg

ん?んん??
101314ce.jpg

自然に飲み込まれつつある!スカイピアかっ!?



a9cbd391.jpg

もしかしてブリ?
a6218e0b.jpg

晴れなはずなんだけどな。
af30f220.jpg

これがこの土地の日常なのか
6b2bdbd2.jpg

今このときにもボガーンっつってもおかしくないってこと
b7e90198.jpg


7b7045ae.jpg

こんな壕がちょくちょくある。




7a701464.jpg


9f759b3e.jpg

表してみたって、ニコ動か
c4d5cbe4.jpg




1cc8b1b2.jpg

この土地はマグマでデキテイル



もうすぐ一周し終わるな、ってタイミングで

3f0d933d.jpg

ぬ?これはいかないとダメなやつではないですか?
f09136ac.jpg


3410220c.jpg


ba09bbc2.jpg

情熱!
2e960d02.jpg


5c24a413.jpg

登るほどに狂おしく愛している奴がいるんでしょうね

99af82c7.jpg





67013ae9.jpg

桜島フェリーで都市部に帰還
e5083503.jpg


5bac4305.jpg


f902a733.jpg

ザビエルさんって禿じゃなかったんですって!風評被害ってやつですね。


鹿児島中央駅で自転車ばらして、お土産買って新幹線でビュワーンっと広島まで帰りました。
妻曰く、帰ってきた時には少しやつれていたそうです。
すごく有意義な時間だったと思う。
しんどかったけど。


来年もどっかにいきたいぞ!!!




桜島最高!











ca040a73.jpg

これは呉の海岸線から望む島や海。


遠くに行って戻ってくると、自分の住む町もきれいなとこだな、と改めて再確認。





イエスアイドゥー!!!!!(やってやるー!!)


ロックスター

D
ディスカバリーチャンネル好きにはおなじみの、親子喧嘩ハーレーおやじがいい味を出している。
こういう、美人が眉間にシワ寄せて歌うようなサウンドが素敵




f:id:uboo69:20131230103743j:image:w220
rapha festive 500  バッチいただきです