2018_04
18
(Wed)09:23

誰が一番茶色いか選手権に参加してきた



土曜日から雨が降り出して、日曜の朝まで降ったようです。

JEC 全日本エンデューロ選手権に参加してきました。
車両の安全面であったり、環境への配慮であったり、非常に前向きなシステムを構築されており、意識高い系でした。
トライアスロンの運営と似たような雰囲気だな。と感じました。

ルールは守れ、嫌ならくんな的な。
ルールブックはしっかりと読み込んでおかなければいけません。

一度出れば、言わんとすることはわかると思うので、ぜひ参加されることをお勧めします。

IMGP3879.jpg
す~さん撮影(ありがとうございます

IMGP4132.jpg
す~さん撮影(ありがとうございます~

IMG_4121.jpg


IMG_4122.jpg

リザルト?こまけぇこたぁいいんだよ。(下から数えて入賞でした;;
※しばらく旅に出ます探さないでください
スポンサーサイト
2018_03
27
(Tue)17:02

JNCCグリーバレー森羅に参加してきた




DSC_1341.jpg


JNCCグリーンバレー森羅 
阿蘇外輪山の草むらの中をひたすら走り回るという、胸の熱くなるようなレースに参加してきました。

道中も楽しみたい!
そういった部分を重視している自分にとっては、
往路の昼ご飯、夜ご飯
復路の昼ご飯

非常に大きく重心をそちらに置いて安定しております。
エントリーを決めた時点で、名物なりをリサーチし、候補を上げ、苦渋の取捨選択を繰り返して挑みます。
移動に。

IMG_3965.jpg

IMG_3961.jpg

IMG_3964.jpg


ラーミェンはもちろん美味でしたが、特筆すべきはこの餃子ではないでしょうか。
もう、すげーうまい(語彙力)

で、菊池渓谷っていうよさげなところがあるっていうので、通過点としてそこをチェックしておいたのですが、地震でしばらく観光できなくなっていたこと、それが再度開放されたのが当日だったこともあるのでしょうか、すごく混雑していたので観光はやめてスルーしました。
また次回来るときには、余裕をもってきて観光したいです。

そこからほどなく走ったミルクロードに今回の会場がありました。
やっぱり以前自転車で走ってたところです。車で走りながら一人驚愕してました。
あの日の自分は、こんなところに自転車できたのかと。
あの日見たブルーススプリングスティーンな感じの旗も健在でした。


到着すると、パドックはほぼ満杯。
係りの人に誘導されて奥まったスペースに駐車しました。
隣のパドックの人たちに挨拶をして、バイクを降ろしたりしていたら、いい感じに夕方。


DSC_1349.jpg

霜が降りるだろうからって、
「テントの中に入れたらどうですか」と、声をかけていただきました。
お言葉に甘えて突撃させてもらいました。
隣のパドックの方たちは3人組で、鹿児島でバイクを乗り回しているんだそう。
すごく気さくで愉快な人たち。

DS4C_1347.jpg


DSC_1351-EFFECTS.jpg
明日も晴天の予報!

しっかり楽しんで帰ろう。と思いながら、軽く食事を済ませて読書タイム突入

と、助手席ですごしていたら、

「隣になったのも何かの縁だとあきらめてこっちに来て一杯やろうぜ!」

と、薩摩隼人が誘ってくれたのです。

IMG_3984.jpg

ハイエースの中に大人四人でパーリー!
馬刺し、若鳥、地鶏、サラダ、すき焼きにハンバーグ。
ごちそうさまです!
いやぁ。薩摩隼人はパワフルでした。面白いし。

「時代は4Kだけども、オレの職場は3Kだ!」

寝て。

おきる。


DSC_1355.jpg


DSC_1359.jpg


DSC_1364.jpg


DSC_1369.jpg


DSC_1370.jpg


DSC_1371.jpg


DSC_1372.jpg
信じてはいけない(確信)


DSC_1455_00001.jpg


1289213.jpg

結果は中の下、もしくは下の上、完全なる凡。そういった感じだったのですが、とても楽しく、とても高揚感のあるコースでした。
機会があればまた来たいな。そう思います。

で、午後からのお兄さんクラスを少し見て

DSC_1492_00001.jpg
カメラを向けると何か知らしてくれるケンジさん

未練もなく会場を後にして

IMG_3989.jpg
赤牛丼!


IMG_3969.jpg

IMG_3990.jpg
※半分に切ってあります

お土産にお弁当のヒライで「ちくわサラダ」を買って帰った。


とても充実した旅行になりました。
薩摩隼人の三人とも、連絡先を交換したので、テージャスあたりに遊びに来られるときには、おもてなししようと思います。

最高の週末でした!
腰は痛いけど。。。。早く治ればいいのに

2017_11
08
(Wed)13:17

ビギナーズエンデューロ ホワイトバレー松原に参加してきた


おれの、おれのワイゼット

えー、2週連続でレースに参加でした。
今回は広島県内。2時間かからないくらいの距離。
スキー場のゲレンデでのレースです。
去年の感想としては、前回の猫山rdとは少し趣が違ったと記憶している。

そもそも去年は、ビギナークラスでのエントリーだったし、バイクも違ったし。
と、いうのもありつつ、超楽しみ。

数日前から、界隈がざわざわしだして、いろんな怖いうわさが飛び交いだします。

「試走では誰も登れていない4段ヒルクライムがあるらしい」
「タイヤはゲコタがいいらしい」
「空気圧いくらで行きますか?」
「パンクが怖いよね。スピード出るし」
「トイレに花子さんが出るらしい」
「ゲレンデのヌシは誰だ!」
「帰りにステーキ食べようぜ!!」

など。。。
震えます。
土曜日は雨が降ったようです。
場所によっては、重馬場が予想されます。


DSC_0096.jpg
泥に備える男


DSC_0121.jpg
着替える男


DSC_0123.jpg
ジョン君。


DSC_0152.jpg
ビギナークラススタート前


午前のビギナークラスのあいだに、観戦しながら下見する作戦


DSC_0186.jpg
下見ツアーのみなさん


DSC_0111.jpg
今日のレースはここで終わるな。と感じさせる「噂のヒルクライム」


しかし、ここで朗報が
「トップ通過して30分くらいして、みんながクリアできそうにないなら、カットします」
だ、そう。。。。。
是非カットまでにはたどり着きたいところだ
だって悔しいから。


あっという間に、時間は過ぎていき


IMGP9918.jpg
スタート


これまたあっという間に時間は過ぎて、ゴール。
別れと出会い、うまくいったところとそうでないところ。
いろいろありましたが、非常に楽しくレースを終えることができました。
ブーツが壊れましたけど、大きなけがもなく。バイクのダメージもさほどではなく。

また、練習に励んで憎いアンチクショウに、少しでも追いつけるよう頑張っていこうと思います。


DSC_0433.jpg
おう、がんばれや


そういわれました。
今年一年、レースをやってきましたが、これで今年は終わり。
遊んでくれた皆様、ありがとうございました。

2017_09
07
(Thu)09:38

ビギナーズエンデューロ(猫山)に参加してきた話


べトコンラーメン

IMG_2619.jpg
爆肉

東城インターそばの風龍。
おばさんの愛想を査定に加えたとしてもうまい。
おばさんの査定だけだと、非常に厳しいと言わざるを得ない。
またいく、ぜったいにだ。


さて、
ビギナーズエンデューロシリーズ スノーリゾート猫山大会に今年も参加してまいりました。

去年は、ビギナークラスでの参加でしたが、今年はレーサーを手に入れたこともあって、マスタークラスのエントリー。
ちょっとの不安と勇気、たくさんのお菓子をもって出発です。
※朝四時半出発

午前中にあるビギナークラスを観戦しながら、午後からのコースの下見。
結局、ほぼ二時間スキー場の中をさまよい続けました。
足が棒のようだ。
しかし、この入念な下見ってのは、とても大事で、下見もせずにやみくもにウッズに入っていたら、僕なんかの技量では、余計な時間がかかってしまうと思うんですよね。
あらかじめ、ここを通ろう。ここが渋滞していたら、こっちに切り替えよう。
なんて覚悟もできるし。
それでも、思わぬことはあったりしますが。
だって、結局似たような林間を走るものだから、ここがどこなのかわかんなくなるという魔法にかかるのです。
疲れてきたらもうテキメン。


IMG_2628.jpg
さわやか


IMG_2627.jpg
ノットさわやか


IMG_2626.jpg
こっちみんなし


それでも、10回は転ばなかったと思います。
無事二時間走り切ってゴール。
最後のほう、ゲレンデの下の方で転んだときはすごいスピード出ていて、腕がもげるかと思いましたが、私は無事です。
※実際あとから動画で確認したら、2速でボボボ、でスッテんと転んだだけでした。




来年も開催されることを、切に願います。

参加のみなさま、
大会関係者のみなさま、
そして、たすけてくれた森の妖精のみんな、

ありがとうございました。



プロテクターは大事!
2017_08
01
(Tue)16:12

ビギナーズエンデューロテージャスランチ大会に出走してきた

7/30
みんな大好きテージャスランチ!
で、開催されたビギナーズエンデューロに参加してきました。
七月三十日という、真夏のさらにど真ん中気温も心情的にはごじゅうどををこすんじゃないんじゃなかろうかどうおもわれますかこんなひにはそうめんがいいとおもうんですがいかがですかおかぁさん
ってくらいに、気が動転する暑さですよコリは!



ブリーフィングの時点で、体の弱い女子が保健室に運ばれるぞ!って勢い。

前の週から、関係各所で雨なんじゃないか?曇りなんじゃないか?
やっぱり雨なんじゃないか?ツルツルでやばいんじゃないか?
などと、懸念されていましたが、乾いて抜群のグリップを発揮すると共に、ほこりもすげーって有様でした。

まずは、午前中はビギナークラスの観戦です

DSC_8360.jpg
圧巻のスタート風景

DSC_8399.jpg


DSC_8477.jpg


DSC_8445.jpg


みんなの走りを見ていると、うずうずしてきます。暑いけど。
ご覧の通りの牧場内を、牧歌的になんてぬるいことを云わずに、コケたら痛いじゃすまない程度のスピードで走り抜けるオフロードバイクたち。
イカス

DSC_8348.jpg
くわぁぁぁぁ


で、去年も参加した「ビギナーズエンデューロシリーズ戦」なんですが、昇格もしていないのに今回からマスタークラスにエントリーしました。
去年から感じていたことなんですが、やっぱり勝てなくとも難しい方に挑戦するという気質が勝ってしまいました。
クライミングと一緒ですね。
5.12台が登れるのに5.10台ばっかり登ったりしないのと一緒じゃないですかね。
階段上ってるようなもんですもんね。
K田さんが「聞いてくださいよー11aレッドポイントしたんですよー」って言ったら、僕なんて言うだろうか。


ま、そういうことです。
僕の中での難易度はマスタークラスは11dくらいの感じです。
慎重にオブザべしたら、ケガはしないであろう。そのくらい。
あとは気温がどうか、どう感じてどのくらい耐えられるか。


GOPR1360.jpg


ここまで饒舌に語るとき、想像通りの結果であることが多いんですな。
途中、すごく休憩して
何度も休憩して。

安定の真ん中あたり。
2周で来たので良かったです。
悔しくないかって?悔しいです。



DSC_8883.jpg

ま、しかし、最高の一日でした!


DSC_8850.jpg

代理で表彰台にたてたし(それうれしいか?)
代理で一言コメント求められたし。
やった~!
って言っときました。代理で。
炎天下置き去りにされていたパーツクリーナーがとても暑くなっていて、ちょっと恐怖すら覚えた(笑)

次回開催は
9/3 スノーリゾート猫山大会


HIROSHIMA

今回、頭から血がでたってわけではない