2017_09
07
(Thu)09:38

ビギナーズエンデューロ(猫山)に参加してきた話


べトコンラーメン

IMG_2619.jpg
爆肉

東城インターそばの風龍。
おばさんの愛想を査定に加えたとしてもうまい。
おばさんの査定だけだと、非常に厳しいと言わざるを得ない。
またいく、ぜったいにだ。


さて、
ビギナーズエンデューロシリーズ スノーリゾート猫山大会に今年も参加してまいりました。

去年は、ビギナークラスでの参加でしたが、今年はレーサーを手に入れたこともあって、マスタークラスのエントリー。
ちょっとの不安と勇気、たくさんのお菓子をもって出発です。
※朝四時半出発

午前中にあるビギナークラスを観戦しながら、午後からのコースの下見。
結局、ほぼ二時間スキー場の中をさまよい続けました。
足が棒のようだ。
しかし、この入念な下見ってのは、とても大事で、下見もせずにやみくもにウッズに入っていたら、僕なんかの技量では、余計な時間がかかってしまうと思うんですよね。
あらかじめ、ここを通ろう。ここが渋滞していたら、こっちに切り替えよう。
なんて覚悟もできるし。
それでも、思わぬことはあったりしますが。
だって、結局似たような林間を走るものだから、ここがどこなのかわかんなくなるという魔法にかかるのです。
疲れてきたらもうテキメン。


IMG_2628.jpg
さわやか


IMG_2627.jpg
ノットさわやか


IMG_2626.jpg
こっちみんなし


それでも、10回は転ばなかったと思います。
無事二時間走り切ってゴール。
最後のほう、ゲレンデの下の方で転んだときはすごいスピード出ていて、腕がもげるかと思いましたが、私は無事です。
※実際あとから動画で確認したら、2速でボボボ、でスッテんと転んだだけでした。




来年も開催されることを、切に願います。

参加のみなさま、
大会関係者のみなさま、
そして、たすけてくれた森の妖精のみんな、

ありがとうございました。



プロテクターは大事!
スポンサーサイト
2017_09
01
(Fri)17:49

安物を買うというリスク

安物というか、中華というか、ま、そういうことです。

以前購入した、エンジン駆動の高圧洗浄機。
泥にまみれて遊ぶ日々の必需品になっていますが、
購入してしばらくたったある日のこと、
TMR野選手とテージャスランチで遊んだあと、
バイクを洗おうとしたんですね、
エンジンはかかるんですよ、しかし水が出てこない。

これはここではどうもにもなるまい。と、もちかえり分解することにしました。





とりあえず、駆動シャフトから順に診ていこう。
と、レンチでばらし始めました、が、カチャと金属音が


IMG_1220.jpg
あれ?なんか部品が外れとるっぽい。

IMG_1222.jpg
キーが抜けておりました。

いや、なんでキーが・・・・・・抜けるなどありえるのか?

IMG_1223.jpg

IMG_1224.jpg


あぁ。。。。抜けるねぇ。
シャフトの溝に対してキーが短い。
それでも、穴側のキー溝の深さか、キーの厚みが適切であったなら、こんな風には抜けないんです。
しかも、縦横が90度まわった時にしっくりくる。
ってことは、サイズが一つ下のキーを使ってしまっている。
と、こういうことだと思います。

この件は、適切なサイズのキーを作って、対処しました。


で、先日。
かささんと散々遊んで、さぁ洗車だ!って時に、また水が出なくなりました。
圧が全く上がらなくって、あれれ?と思っていたら、いよいようんともすんとも。

もちかえって分解です。

キーは抜けてない。
エンジンの駆動はポンプに伝わっている。
ポンプのピストンも動いている。
しかし、吸い上げないし圧送しない。
圧が弱い等であれば、オーリングやパッキンの可能性。
しかしビタイチ水を吸わないってのは????

IMG_2580.jpg
ワンウェイバルブがバラバラになっていました。

IMG_2581.jpg
これが正規の状態

IMG_2582.jpg
かろうじて生き残っていたやつ

押さえられてヘシャゲていますね。
粉砕まったなし!って感じです。

これがなにかといいますと、例えば右から左には行けるけど、左から右には行けないって仕組みのバルブ。

ポンプの中身、三気筒のピストンが押し引きします。
ピストンが引くときに発生する負圧で、このバルブを通って水を吸います。
このバルブは引くとオープンします。
シリンダー内部に水が満たされます。
で、引ききったら今度は押します。
押し始めたらバルブが閉まって、水はいま来た道ではない通路を圧送されます。

これが、三気筒で繰り返される。という仕組み。
そのためのバルブ

と、小さいながら極めて重要な役割を持った部品なんですね。
これがだめだと、ずっと行ったり来たりを繰り返してしまい、
「おい水よ!おぬしいったい何をしておるのだ?」
って話。

よくみたらどうもこれ、ピストンで押しちゃってますよね。

採寸してみたら、すごく攻めた寸法で、回転数をあげちゃうとあっけなく壊れるであろうことは、容易に想像できました。

ここで、問題なのは、この洗浄機安物の無印なんです。
ヤフオク界隈でいうところの、中華ってやつですね。
部品だけで売っているところも見つからなければ、パーツリストもない。
何かの流用とか、OEMであるとか、そういうことであるんだろうとは思うのですが、探すのは困難です。

IMG_2583.jpg

新たに作り直しました。
寸法、形状も改良した?適切なサイズで。
対策品ってところですかね。

IMG_2584.jpg

組みつけ、始動してみたところ、異音もなくすこぶる好調です。


そもそも、一回ばらしただけでどこが悪いかわかる程度のことが、対策されずに販売されているっていうのは、分業化の弊害であるだろうし、メーカーとしての大事な部分
(何がどうなってこう動いて、これはなにを受け持っている部品か?そもそもこの品物は何か?)
が、欠落しているんだと思いました。
ただマネして作ると、大事なところがこうなるんですよね。たぶんね。


とにかく、危うく買いなおさないといけないところでした。
しかし、この手の物に改良を加えて、使いやすいものにしていくっていうのも、いい趣味かもしれない。
逆に、こういう手間がかけれないのであれば、しっかりとしたメーカーの物を買うのがいいね。
きっとね。

そういえば以前すーさんも洗浄機の不調に困っておられましたが、やはり鋭い直感で対処されていました。



IMG_2597.jpg

あさって9/3は BEDスノーリゾート猫山
スキー場にコースを設定したエンデューロレースです。
はりきって、わんぱくに、おもいっきり走り回ってきます!!!

午後からのマスタークラス。どんなコースなのか楽しみです。
観戦無料!お時間御座いましたら万障お繰り合わせの上~是非とも森の妖精に!



さよなら夏の日

いや、結局今年も海でロマンティックなひと時なんて

いや、むしろおっさんと泥にまみれてたな
2017_08
24
(Thu)09:10

方針を替えるとか、こだわりを捨てるとか

あいつきらい、これは食べない、ご飯の時は水しか飲まない、飯の後は一服する。

いろんな生活習慣、クセ、こだわり、やり方。
生きていればみんながみんな、少なからずあるはず。
きっとあるはず。

スパゲティーは噛まずに口に収めると、切れ端が皿に残らないはず。
盛そばを食べるときは、めんツユにどっぷりつけない。
ボールペンで手紙を書くと失礼にあたる。
ブレーキは左前。

うん。うるせぇよ。ばかか。
押し付けんな。しかも理由なんて好き嫌いの問題じゃないか。


IMG_2504.jpg


わたし、カレーを食べるときのルゥとライスのペース配分に細心の注意を払って生きてきました。
とろけるチーズをトッピングした時などは、さらなる注意を!

しかしこのたび、愛のままに我がままに思うがままに食べることの素晴らしさ。

感じました。

ライス残ってもいいんだよ、最後は厳かにフクシン漬けで締めれば。
寂しさと孤独を感じたならば、追いカレーというシステムを発動してもいいわけですから。
華麗なフィニッシュにこだわるあまり、流し込むようなカレーイート!忘れてませんか?
逆に途中でライス比率上がってませんか?ほぼ白ってことあるんじゃないですか??

カレーの食べ方へのこだわり。
なにか、人生の分岐点を一つ見つたんじゃないんですか?これ。

そんな風におもいます。




IMG_2376_201708240850250ad.jpg

先日の四国ツーリングで立ち寄った公衆トイレ。
これ。。。。同時にできなくないですか


2017_08
19
(Sat)13:37

白いニョロとオレンジのニョロ




春にホールドの入れ替えをした、ガッツの黄色い壁。
ホールドの入れ替え前に取り組んでいた課題があったんです。
白いテープに~~~ってマジックで書いたやつと、オレンジのテープに~~~って書いたやつ。
この「~~」をニョロって言っちゃう語彙の少なさがまたいい感じなんですが。

どちらも一日に1~2本しか出せない感じの、やつ。
デッドで大きめのカチを取りに行くのと、左手でワイドピンチフルパワーでもうヘロヘロ。
なかでも白いテープで触った、ボックス型の外傾オープンのホールドと、オレンジテープで触る、手裏剣みたいな二本指の小ガバのマッチ。
これがとても悪くって、とっても面白かったんです。
結局、力及ばず、そのルートはもうないんですが、随分打ち込んだのでよく覚えています。

いま、思い返してもとても悔しく、今なら行けんじゃねぇか?という、錯覚。
記憶にプラス補正がかかっているからだとは思うのですが、もう一回挑戦したいなぁ。




途中で呼吸を止めちゃうんだよね。よくないわぁ
2017_08
16
(Wed)12:23

四国の山道を走り回ってきた 2017 夏


朝四時、自宅前をそろりと出発

G0011454.jpg
宇品港へ!

六時前のフェリーに乗り込みます。
んが!お盆休みで朝から結構な乗船。
係りのおじさんが
「整理券10番までの方が乗船できます、そこから後ろの方は次の船でお願いします」

わたし「11番だ。。。。。」

これはもう絶望ですよ。
我々パーティーは、スタート前から分断の危機です。


ほかの可能性を模索しますが、どれも
バクチか、遠いか、めんどくさい。
次のに乗って、向こうで合流するしかないかな。なんて相談していたら




IMG_2350.jpg
もったいつけやがって、結局のれました(笑)

男達の船出です。

IMG_2361.jpg
バリバリスペース余っとるし

IMG_2351.jpg

IMG_2352.jpg

IMG_2356.jpg
上陸前にうどん。うまいっ

G0031460.jpg
上陸

G0041465.jpg
こうじくんのタオルひらひら

G0041470.jpg
なおもひらひら

G0041472.jpg

G0041473.jpg
どうしても、飛んでいく未来しか見えなかったので、回収。
僕のハンドルに括りつけました

G0151555.jpg

IMG_2373.jpg

IMG_2368.jpg

IMG_2388.jpg
梼原の「雲の上ホテル ライダースイン」に着。こうじくんご機嫌

IMG_2385.jpg

スーパー丸味で買った夕飯とツマミで、センタハウスにてプチ宴会
ちなみに、ファンタグレープ2Lを一人で飲み切った。
これで糖分は当分大丈夫だ()

IMG_2394.jpg
そして清々しい朝。出発。

G0161573.jpg

G0161571.jpg

G0151563.jpg

IMG_2411.jpg

IMG_2416.jpg

IMG_2414.jpg
ここ前に来たな

バイクで来たらさぞ短いだろう、と思っていた寒風山トンネルは、やはり長かったです。
西条市まで下って、いったん解散。
今治にデポしてる人、しまなみ通って帰る人、いたので。
で、松山観光港まで下道走って、フェリー。

IMG_2436.jpg
売店でうどんを売っていないタイプだったので、カップ麺で

IMG_2441.jpg
呉着

IMG_2452.jpg

今回、道案内してくれたキヨさんのバイクのコックピットには、キューシートが。
入念な準備をしていただき、とてもお気軽についていきましたが、このような下準備をしてもらっていたからこその、楽しいツーリング。
ありがとうございました。

とても面白いハプニングがあったのですが、細かく書くのはめんどくさいので、注意点だけ。

ブレーキキャリパーのボルト、ほか、足回りのネジのゆるみの点検
前日までに、機関の動作確認

しましょう。
当日朝、エンジンがかからずにDNSは悲しすぎます。

部品交換、オイル交換は2日前までに!前日だと何か欠品したらもうアウトだから。
あと、フェリー乗り場には一時間前くらいには行っておきたい!ひやひやするから。


今度はどこにいくんですかね!楽しみですね!
高知でカツオっていう案が出てましたね!たまりませんね!

でも、カツオだとしたら、それまでに妻と一度行っておかないと、
「アタシもまだ行ったことがない!」
と、事態の収拾が困難なことになるな。